リトルジャックオーケストラ
   活動レポート



当団の練習や演奏会の活動風景をお伝えします。 どなたでもご自由にコメントが出来ますが、万一、当団で問題があると判断した場合は、前後のコメントを含めて削除する場合がありますのでご了承ください。

お問い合わせはこちら


2017年4月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24
25
26 27 28 29
30            

最近の記事
熱い! 暑い・・・。 熱い!!
本番のホールで練習だぞ!の巻
まごころを込めて
今年のリトルは、FF4の夏♪
もっと良い演奏を
サガの夏 クリムゾンフレアの夏
我々はこの陣形で戦う!
熱い夏の暑いイトケン祭り
癒しのひととき
テンポのお話とか。

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

2016年 8月
2016年 7月
2015年 8月
2015年 7月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 2月
2014年 1月
2013年 8月
2013年 7月
2013年 6月
2012年 8月
2012年 7月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 4月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 4月
2006年 1月
2005年 7月
2005年 1月
2004年 9月
2004年 8月
2004年 7月
2004年 6月

本日   7
昨日   10
累計   58287
ここをクリックしてブラウザのアドレス欄に表示されているのがRSS用のURLです。このURLをRSSリーダーなどに設定してご利用ください。





ログイン
保存


熱い! 暑い・・・。 熱い!!
こんにちは。ホルンパートのそごみつです。4月に入団して、今回初参加となります。
さてもう本番まで2週間ということで、練習にも熱が入ります。
マエストロにも熱が入ります。
フォルテはより激しく、リタルダンドはより荘厳に、どんどん熱い演奏になっていきます。



・・・暑いです。練習会場の空調は充分に効いているはずですが、皆の熱気が凄過ぎて暑すぎてやってられません。
それでも楽器を吹き始めたら、暑さなんてなんのその。
来る演奏会本番をもっと素敵な時間にするため、楽しく練習しています。

みなとみらいで熱く、美しく、そして何より楽しい時間を作りますので、是非是非聴きに来てください。
投稿者: | 22:14, Sunday, Aug 14, 2016 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


本番のホールで練習だぞ!の巻
こんばんは、新人ふー@打楽器です。

先日の練習は、いつもと違って本番と同じホールでの通し練習でした。
それはもう1週間前からドキドキでした。
いや、毎週ドキドキしているんですが、今回の練習は本番と同じホールなので

「パイプオルガン」

が、あるのです!

すごい! やったね!

本番のような緊張感を持ちつつ出来る部分増やすぞというドキドキ感が70%、
パイプオルガンだ!パイプオルガンだ!わーい!というドキドキ感が70%、
合計140%ぐらいのテンションで、ホールに到着したのです。

で、セッティング開始時間になりまして。

嵐のように舞台と楽器を準備し、
嵐のように全ての曲を通し、
嵐のように撤収する、


という感じで、本当にあっという間に時間が過ぎ去っていったのでした。

おかしい、ゆっくりのんびりしながら普段来れないキレイで大きいホールや
パイプオルガンを、のほほんとじっくり堪能するはずだったのですが…

えーと、そうですね、
「パイプオルガンはやっぱり素敵でした!」

まずいよ! これじゃ全然練習レポートになんないじゃん!
しまったと思いつつ一生懸命いろいろ思い出してみます。

これまでの練習では数曲をじっくり時間をかけて
練習することが多かったのですが、
今回はとにかくビシュッと全曲ひたすら演奏し続けるのです。

止まらずに通すと、やっぱりいろいろな事が発覚しますね。
焦ってしまってあれこれいろいろ間に合わなかったりなど
反省点がてんこ盛りです。

あとは、普段の練習場所では分からない音量バランスや響きなどの確認や、
パイプオルガンとの合わせを中心に行いました。
ホールでないと分からないことって本当に多いんだなあと実感します。

そういえば、前から「なんかたくさん曲があるなー」と思っていたんですが、
全曲通してみると「やっぱりたくさん曲があるな…」と思いました。

繊細な曲、ユーモラスな曲、ノリノリな曲、荘厳な曲、
本当にいろんな感情がギュッとつまった演奏会になる予感がします。

来て下さった皆さんに、ゲームであったあのシーンやこのシーンが
走馬灯のように脳裏に浮かぶような演奏ができたらいいなあと
団員一同がんばっております。ぜひ聞きに来てくださいね。
投稿者: | 00:47, Thursday, Aug 04, 2016 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


まごころを込めて
こんにちは、チェロパートのネルです。
今年になってから入団した新参者でございます。

第13回定期演奏会まであと3週間ほどとなり、
7月24日は横浜市内の某ホールにてハープ奏者も交えての合奏となりました。
今回の演奏会に向けて練習が始まってから約9ヶ月、各パートだいぶ音がそろい、
感情豊かな演奏になってきました。
ほんと 皆さんの演奏を聴いてると聞き惚れてしまいます。
今回の合奏練習でメインテーマを演奏中に指揮者から、
「まごころを込めて演奏してください」とのお言葉があり、温かみのある音色に包まれていました。

さて、私がFF4をプレイしていたのは小学4年生の頃で、初めて「音楽が好きだから買ったゲーム」でした。
友達のうちで遊んでボス戦の音楽カッコいい!と思ったのを覚えています。
あと地元のおもちゃ屋さんで単にタイトル画面とクリスタルのテーマが流れていて聴き入ったり。
店員は何でこの子はずっとクリスタルを眺めてるんだろうと思ったかもしれませんが(笑)
当時は何も楽器はやっていなかったのですが、こういった経験もあって演奏への興味が湧いた経緯があります。
そんな思い入れのある音楽を四半世紀経って演奏できることにとても嬉しく思います。
あと3週間で終わってしまうのがもったいないくらい!

団員一同まごころのこもった演奏ができるようにがんばっておりますのでどうぞお楽しみに!
投稿者: | 10:21, Saturday, Jul 30, 2016 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


今年のリトルは、FF4の夏♪
こんにちは、
入団半年の新人・ヴィオラのすばると申します。

関東も長い梅雨が明け、夏もいよいよ本番。
暑い夏がやってくるということは……、
リトルジャックオーケストラの定期演奏会もやって参ります!
13回目の演奏会のプログラムは、
心待ちにされていた方も多いのではないでしょうか、
FFの中でも大人気のシリーズのひとつ、FF4です♪

さて、梅雨明けのお話から始まりましたが、
今回のレポートはまだ梅雨の真っ只中、7/16の練習から。
この日は、午後から夜にかけての長丁場。
午後は弦・木管・金管楽器で分奏、そして夜に合奏練習と、
パートごとで詰めた後に全体でと、充実した内容でした。

本番まで約1ヶ月と迫り、
全体の流れをつかみ取ることはもちろん、
細かい部分や表現の確認をし合う、より大切な時期。
弦パートを見て下さいましたのは、こちらのレポートではすっかりおなじみの、
熱血指導で有名なコントラバストレーナーの先生です。

弦楽器の発音にとても大切な、
弓の動き(右手)の基礎練習を丁寧にさらった上で、
リディアのふわぁ〜…な髪のなびき、
下から石を投げられても落っこちない赤い翼の強さ、
一方その頃に込められたダンディズム
(自らのステキなお背中で示される場面も)など、
噂に違わぬ熱さで、表現の手ほどきをして下さいました…!

そして夜の合奏練習は、ホルントレーナーの先生にご指導して頂きました。
各パートとも、午後の分奏で着実にレベルを上げ、より精度を高めての合奏。
タクトが振られ、プレリュードで全員の音が重なった時は、
更なる美しさと厳かさに、弾きながら心が震えたほど。

その後も先生の和やかなご指南の下、時おり談笑を交えながら場面を確認して、
それに沿った音色を目指して、演奏が磨かれていきます。
音楽のみでゲームの場面や、
キャラクターの気持ちを表す難しさや楽しさを改めて学んだ、
あっという間の1日でした。

FF4は、1991年にスーパーファミコンより発売されて以来、
様々なハードで移植を繰り返し、続編も作られたほど、
たくさんの人々に愛され、長く親しまれている作品です。
そして今回の演奏会でのFF4が、
楽しみにして下さるみなさまの大切な思い出に寄り添い、
FF4の新たな思い出となれることを心から願って。
本番までのラストスパート、私達も楽しみながら頑張ります!
投稿者: | 16:10, Friday, Jul 29, 2016 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


もっと良い演奏を
こんにちは、たーぼう@1stVnです。

さて、本番まで残り1週間!
本日は、先々週に引き続きコントラバストレーナー先生による合奏練習です。
GP前最後の練習ということで団員一同気合を入れて望みました。

さて、この先生。
団員からは熱い指導で有名です。
果たして今日は先生からお褒めの言葉を頂けるのか...!?


そして、練習は始まります。


細かいところで容赦なく入る熱い指導。
漂う熱気、飛んでくる汗。
ブチブチと切れていく某コンマスの弓毛...
高まる緊張感、交わる熱視線!
ぶつかる音楽性!

こんなもんじゃない!
もっと!もっと良くなるはずなんだっ!




つまり、言うまでもなく今年のリトルも熱いのです!
団員一同、熱い演奏を届けられるよう最後の最後まで頑張ります!
それでは皆様、会場でお会いしましょう!
投稿者: | 22:37, Sunday, Aug 16, 2015 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


サガの夏 クリムゾンフレアの夏
こんにちは、タエ@クラリネットです。
PSPでやりそこねていたサガフロ・レッド編を攻略中です。

観測史上初という連続猛暑日を更新し続けていますが、みなさまいかがおすごしでしょうか?
リトルの夏も今までに無い暑さですよ!なんたってイトケンですから!!

この日は某所ホールにて、午後〜夜間と練習でした。
ご指導いただくのは、長年ビシバシと低音から支えてもらっているコントラバスのトレーナー先生。
セクションやパート毎の練習ではお世話になっているものの、合奏では初…?
最初こそ、初めましての方は初めまして〜な雰囲気でしたが、エンジンのかかってきた先生によるパート毎の問題点を拾い上げ、どうしたいのか?どうすればいいのか?を考えていく暑い熱い練習になりました。

先生の適正武器…もとい楽器はコントラバスですので、弦、とくに中低弦に熱い視線が送られます。
楽器の構え方、弓の使う位置を考えて!バネのついてる養成ギプスをつけてるように身体に覚えこませて!それらのタイミングを我らがコンマスの眉毛から的確に読み取って!

それらをおおお〜すごいな〜と眺めていた私たち木管に飛んだ指示。

「もっと色気を出して吹いて」

体は大人、頭脳は子供な我々に難題がきましたー!
どどどどうしよう…


そんなこんなで熱い練習も、あと2回。
木管は色気を身にまとえるのか!?
養成ギプスの成果は出るのか!?

その結果は、8月23日にみなとみらいホールまでぜひ聴きに来てください!
投稿者: | 21:54, Sunday, Aug 02, 2015 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


我々はこの陣形で戦う!
みなさんこんにちは。
リトルジャックオーケストラ2ndバイオリンパートのうっちと申します。

さて、いよいよ本番まであと1ヶ月を切りましたね。
リトルジャックオーケストラでは先日、横浜みなとみらいホールにて合奏練習を行いました。

本番と同じホールを使って、音量のバランスや客席での聞こえ方を確認するのがこの練習の目的。
しかし、いざ練習が始まるとなにやら違和感が。
音が埋もれてしまって聞こえないパートがいる・・・。
逆に、音が反響してものすごく増幅されてるパートがいる・・・。

これは、オーケストラの陣形・・・じゃなかった、奏者の配置に問題がある!
という訳で、志村先生主導のもと各奏者の配置がどんどん変更されていきました。

これがなんと想像以上に効果ばつぐん!
奏者の位置や高さが数十センチ変わっただけで音の聞こえ方が全く変わってくるのです!
1時間近くに及ぶ試行錯誤の結果、ついに我々はベストな陣形を編み出すことに成功。
そう、演奏だけでなくステージ上の奏者の配置から、既に我々の戦いは始まっているのです。

本番の陣形も決まりましたし、残り1ヶ月間スパートをかけていきますので、ぜひぜひ8/23(日)はみなとみらいホールでイトケンの音楽を一緒に楽しみましょう!お待ちしております!!
投稿者: | 05:25, Monday, Jul 27, 2015 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


熱い夏の暑いイトケン祭り
こんにちは、フルートのふちょうと申します。

カレンダーを見てみれば本番まで気が付けば二ヶ月無いじゃないですか!
そんな焦りも見え始めた先週の練習では会場に来てみると、おや…どこかで聞いたことのある音が?!

そうです先週はティンパニや鍵盤、ハープ、ドラムセット、ベース等が初めて揃った、本番に近い形での通し練習でした。

馴染みのあるあの戦闘やその戦闘のベースが生で鳴ってる訳です。
更にそれに生ドラムですバスドコドコです。
更にティンパニやハープまで!!
もう合奏が始まる前から大興奮です。

そして指揮者の志村先生が指揮台に立ち、譜面を眺めながら一言。

 「これ…本当に全部やるの…?すごい厚さだよ?」

確かにフルスコアはすごい厚さです。
合奏の方は一部も二部も、それはそれは熱い曲ばかりで志村先生も団員も通し終わるとヘトヘトで息切れ状態です。

団員の中にはロマサガ未プレイの方が現在進行形で一生懸命プレイしておりますが、今までのRPGとは一味違ったシステムのせいかなかなか進めず困っている方もいるようです。キャラによって変わるフリーシナリオは当時では珍しかったのではないでしょうか?

とにかく人数が多いと序盤は装備代・船代がかさんでかさんで…。
エンカウントもランダムではなくシンボルエンカウントのため、画面内を逃げまくっているうちに、いつの間にかたくさんの敵に囲まれていたり…。
そんなこんなで(だいぶ端折りますが)最後の試練を乗り越えて、東の洞窟からラストダンジョンへ向かって行くと、ヤツが居る訳です。

二部の交響組曲「RomancingSa・Ga」ではそんなロマサガの懐かしい世界を余すことなくお届け出来たらなーと思います。
もちろん一部のイトケンサ・ガ−ア・ラ・カルトでも美味しいとこ取りの曲が盛りだくさんです。

余すところなくイトケン祭りな今年の夏の終わりは、是非ともリトルジャックとご一緒しませんか?
投稿者: | 06:43, Saturday, Jul 18, 2015 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


癒しのひととき

こんにちは。
半年前に10-2演奏会が終わったばかりと思っていたら、あっという間に第11回定期演奏が目前に迫ってまいりました。
今や、あの時の大雪が嘘のような酷暑ですね。
今回の活動レポートは、リトル暦10か月のRhea@ヴァイオリンがお送りいたします。


先週末の合奏練習は、神奈川の某ホールにて午後〜夜間に行われました。
ホール練習ということで打楽器が勢ぞろい、そして今期初のハープエキストラさん参戦。
練習メニューも、打楽器・特殊楽器が要となる曲を中心に組まれました。
その結果、

メインタイトル特集を一通り→ドラクエ9の『負けるものか〜渦巻く欲望』→『決戦の時』→『星空へ〜星空の守り人』

という、のっけから濃いラインナップに。
志村先生の指導にも熱が入り、気がつけば練習を開始して3時間以上が経過していました。

その後ようやく長めの夕飯休憩に入りましたが、夜コマ練習を前に私の体力は赤文字状態(x _ x ;;)


しかし、夜コマ練習の終盤、『天の祈り』冒頭のハープの音色が聴こえてきた時は、蓄積した疲れが一気に癒されるようでした。
私がドラクエ9で一番好きな曲を、初めて生のハープ込みで聴けたのです…!

この曲は楽器編成上、普段の合奏でも練習時間の最後にまわされることが多く、
打楽器やホルン以外の金管パートが片付けを始める中で練習するため、居残り感がはんぱないです(笑)
せ、せつない…。
ハープに続くオーボエの美しい旋律の後、フルートの伴奏として弦楽パートの出番があるのですが、
雰囲気を壊さないよう入っていかなくてはいけないので大変神経を使います。

余談ですが、ハープ&ピアノの配置は私の席の真後ろだったので、練習中は終始耳が幸せでした。
休憩時間中にふと後ろを振り返ると、ハープとピアノのお二人が
ファイナルファンタジーのプレリュードを合わせていて、癒しの空間がそこに…(´▽`*)

また、この日はヴィオラと打楽器のトレーナーの先生方に、客席で聴いていただきました。
『負けるものか〜』練習時は、「金管が音を飛ばしているので、なるべく楽器を持ち上げて弾くように。下を向いて弾いていると、(金管パートと)仲が悪いみたい(笑)」
とのアドバイスを受けました。
バトル曲を弾いていると、つい前のめり体勢になりがちなので、注意が必要ですね。


有意義なホール練習を経て、またひとつレベルが上がったように思います。
本番までの練習回数は残すところあと三回。
ご来場いただくお客様に感動をお届けできるよう、団員一同ギリギリまで粘ります!!

投稿者: | 21:29, Friday, Aug 08, 2014 ¦ 固定リンク


テンポのお話とか。

こんにちは。リトル歴気づけば11年目のほび@クラリネットが活動レポートをお届けします。


どらさんも書いていますがどうにもしっくりこない曲たち。
先日の練習では音程を細かくあわせていって・・・お、少しはしっくりきはじめた?

しかし、盛り上がってくると「モリモリ」弾いてしまって音が荒れるのがリトルのクセ。
先生に「きれいな音で!」と散々いわれてしまいました・・・
どんなときでもきれいな音をキープできるよう修行せねば。

それから、最近の練習ではテンポの設定なんかも細かく打ち合わせしています。
一般に金管楽器はテンポが速いほうが楽、動きの早いところがある木管や弦はテンポが遅いほうが楽。
とそこでせめぎあいがあるわけですが、この曲ならこのくらいのテンポは欲しい・・という事情もあるわけで、
奏者の都合と曲の雰囲気と、ぎりぎり両立するテンポをさぐっていろいろ試してみたりして、
ほかにも丁寧に歌いこみたいとかここは軽やかにいきたいとか、思い入れがある分みんないろいろ主張があり、
そんなこんなであれこれ論議しつつ大体の曲のテンポが決まっていっているところです。

そして・・テンポが決まればあとはそのテンポに向けて練習あるのみ。


難曲揃いのドラクエ9ですが少しでもリトルらしさを出せるようがんばっていきますのでご期待ください。
投稿者: | 00:45, Sunday, Aug 03, 2014 ¦ 固定リンク ¦ コメント(0)


△ページのトップへ


ブロキュー